©yotsubajisyo all rights reserved.

Yotsuba diary

売買

不動産売却に係る諸費用について

こんにちは。
よつば地所の山﨑光一です。

 

不動産の売却の際に、お客様からよく頂く質問の中に諸費用がいくら発生するかという質問があります。

基本的に、戸建、マンション、土地、事業用物件、収益物件といった物件種別に関係なく、共通に発生する費用になりますので、以下の通り説明します。

 

■印紙代 

不動産売買契約書に貼付する収入印紙代です。売買金額によって、印紙代が異なります。

 

■売渡し費用

所有権移転登記の売主負担分になり、司法書士に支払う報酬です。

 

■抵当権抹消登記費用

売却する不動産に抵当権が設定されている場合に、その登記を抹消する費用で、司法書士に支払う報酬です。

 

■仲介手数料(媒介報酬)

売却する不動産の売買代金に応じて、不動産仲介業者に支払う報酬です。

 

上記のとおり、不動産を売却する際に発生する諸費用ですが、売買契約時と決済・引き渡し時に発生します。

その他、諸費用ではないのですが、その不動産を取得した金額よりも売却した金額が大きい場合、不動産譲渡所得の税金が課されます。

不動産譲渡所得は、複雑なので改めてこのブログでご説明します。

 

当社が不動産売却の仲介させて頂く場合には、媒介契約締結時に諸費用金額のご説明をさせて頂き、その上で売却活動を行っていますので、どうぞご安心下さい。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

泉佐野市の空家、相続不動産のことなら

株式会社よつば地所
072ー442ー6668
泉佐野市中町4ー1ー25(アローズ近く)