©yotsubajisyo all rights reserved.

Yotsuba diary

お知らせ全般

11月になりました。(今後の不動産市況)

こんにちは。
よつば地所の山﨑光一です。

 

11月になりました。

コロナ自粛明けのリバウンド需要が一巡し、今後、実態の経済状況が不動産市況に反映されると考えています。

 

当社のメインエリアである泉佐野市は、インバウンドの影響で昨今不動産市況が上向き、外国人観光客向けに事業用物件は価格が高騰していました。

他市とは異なり、人口もほぼ一定で、外国人登録者は増えていましたので、世帯数は増えて、居住用物件も築年数に関係なく流通していました。

 

しかしながら、足元では事業用物件の募集数が増加する一方、出店需要や賃料が下落傾向にあります。

居住用に関しては、極端な需要の下落は顕著には見られませんが、2000万円超の価格帯と築古物件を中心に引き合いが減少している傾向が見られます。

 

今年のサラリーマンの平均年収が下落することが予想されていますので、来年はその年収をベースに住宅ローンの審査を経て、住宅を購入する方々の予算が下がります。

泉佐野市においては、関西国際空港の低迷や今までのような外国人の買い支えが期待できないため、厳しい不動産市況が予想されます。

 

机上であれこれ考え、評論家になっても仕方がありませんが、今後の不動産市況についての私の考えや予想はシェアしておきます。

 

経済の大きな流れや地域の環境は変えることはできませんが、地域と共に歩みながら事業が継続できるよう頑張って参りたいと思います。

 

今月もよろしくお願いいたします。

 

泉佐野市の空家、民泊、相続不動産のことなら
株式会社よつば地所
072ー442ー6668
泉佐野市中町4ー1ー25(アローズ近く)