©yotsubajisyo all rights reserved.

Yotsuba diary

お知らせ全般

不動産価格査定方法の種類について

こんにちは。
よつば地所の山﨑光一です。

 

当社は、今まで数多くの不動産価格査定を行ってきましたが、その査定方法の種類をお伝えしたいとおもいます。

不動産価格査定は大きく分けて、2種類です。

①訪問査定

②机上査定

 

①訪問査定については、売却対象の不動産に実際に訪問して、現地と周辺環境を調査してから価格査定する方法です。

売主様からすると、対応のためにやや手間がかかるデメリットがあります。

 

一方、当社が実際に現地をみることで、例えば中古戸建だと家の傷み具合・傾き、駐車場のしやすさ、境界などが確認できるため、実際に物件案内する買い手目線での不動産価格査定ができます。

その分、より精度の高い不動産価格査定が期待できるメリットがあります。

 

②机上査定については、売却対象の不動産には訪問せずに、住所・面積・間取りなどの情報をもとに価格査定する方法です。

売主様からすると、現地対応のための手間が省けるメリットがあり、一括査定サイトのように簡単に査定価格を知ることができるメリットがあります。

 

一方、当社が現地に足を運ばないので、あくまで概算の価格査定となり、精度はそれほど高いものではありません。

参考程度といったもので、デメリットとしては査定価格のイメージしか掴めない点です。

 

不動産会社によっては、②机上査定のみで売却の話を進める会社がありますが、それは避けた方が良いと思います。

まず最初は机上査定でイメージを掴んでから、売却の話を進めるのであれば①訪問査定により、不動産会社に現地を見てもらい、その場で話をした方が良いです。

 

売主様の売却希望価格と不動産会社の価格査定をすり合わせて調整し、売り出し価格を決定し、買い手のお客様を探す流れになります。

適正価格で不動産を売り出しをすると、反響・問い合わせがありますので、不動産会社からの報告をもとに売主様は状況を見守り、その中で条件の良いお客様を選んで頂ければと思います。

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

 

泉佐野市の空家、民泊、相続不動産のことなら
株式会社よつば地所
072ー442ー6668
泉佐野市中町4ー1ー25(アローズ近く)